「受給資格」だけでは国民年金は受給できない?

「受給資格」だけでは国民年金は受給できない?

「国民年金」のために、こつこつと保険料を支払い続けてはいるけれど、実際、どうしたら国民年金は支給されるのでしょう?

国民年金は、65歳になったら勝手に受給できると思ったら大間違い。
「受給資格」があって、それがクリアできないと、国民年金は受給できないのです。

では、「受給資格」って何?
一定の受給資格期間加入されているかです。

国民年金は、加入期間が25年(300ヶ月)以上ないと支給されません。
これは、第1号被保険者、第2号被保険者、第3号被保険者期間を通算できます。

どこに請求したらよいの?
これは加入していた年金の種類によって違います。

まずは、第1被保険者は市役所に請求します。

第2号被保険者、第3号被保険者に加入期間のある人は社会保険事務所に請求します。

共済組合加入者は、共済組合に請求します。

請求に必要な書類は、年金手帳、戸籍謄本、認印、本人名義の通帳です。

個々によって必要な書類もあるので、出かける前にそれぞれの請求先に確認した方が良いと思います。

ところで、受給資格期間について書きましたが、60歳になってしまったけれど、加入期間が25年に足りず、受給資格が無いと諦めている方はいませんか?

(平成27年10月に年金の受給資格期間について、これまでの25年(300月)を10年(120月)に短縮することになっいます。)

しかし、70歳までは任意加入で保険料を納めることができるのです。

そればかりか、受給資格があっても年金額を満額に近づけたければ、65歳まで任意加入ができるのです。

ちなみに、平成19年度の年金額(年額)は満額の場合、792,100円だそうです。

「受給資格」だけでは国民年金は受給できない?関連ページ

国民年金の被保険者は1〜3号
日々の暮らしを支える、お金にまつわる知識のまとめ。ローンやキャッシングなどの借金から、年金や保険、貯蓄や投資まで、役立つ事をまとめています。
国民年金の歴史について触れておこう
日々の暮らしを支える、お金にまつわる知識のまとめ。ローンやキャッシングなどの借金から、年金や保険、貯蓄や投資まで、役立つ事をまとめています。