国民年金の被保険者は1〜3号

国民年金の被保険者は1〜3号

最近、何かと話題の「国民年金」ですが、現在支給されて居る人には身近な物かもしれませんが、若者にとっては、「まだまだ先の代物」程度の意識で過ごして来たと思います。

そう言う私もその1人。給与明細などは支給額しか目が行きませんから、将来支給されるであろう国民年金のために、大事な給料が引き落とされている感覚などないままに過ごしてきました。

しかし、昨今明らかになった年金問題で、私が国民年金に対して少しでも「意識」を持ったことは、私または、私のような人達には良く言えばけがの功名とも言えるかもしれません。

年金問題の報道で、色々知識も増えて、国民年金には種類がある事を知りました。
国民年金は加入者によって3つの種類に分けられているのです。

簡単に言うと、農業や自営業の人は「第一号被保険者」、サラリーマンの人は「第二号被保険者」、サラリーマンに扶養されている人は「第三号被保険者」です。

この種類別によって保険料の支払いの仕方も変わって居たのです。

ですから、一緒に住んでいても、自営業を営んでいる父と、OLをしている娘とでは国民年金に加入している種類が違うということを知りました。

自分が何号被保険者であり、どのような形で保険料を支払っているのかは、最低限知っておいた方が良いですね。

もし、未成年であれば、20歳になったら、学生であっても「第一号被保険者」に加入しなければならないと言う事。

つまり、保険料を支払わなければならないと言う事も知っておくのも、成人になる意識として必要なことですね。

国民年金の被保険者は1〜3号関連ページ

国民年金の歴史について触れておこう
日々の暮らしを支える、お金にまつわる知識のまとめ。ローンやキャッシングなどの借金から、年金や保険、貯蓄や投資まで、役立つ事をまとめています。
「受給資格」だけでは国民年金は受給できない?
日々の暮らしを支える、お金にまつわる知識のまとめ。ローンやキャッシングなどの借金から、年金や保険、貯蓄や投資まで、役立つ事をまとめています。