保険の契約にもクーリング・オフはあるの?

保険の契約にもクーリング・オフはあるの?

クーリング・オフ制度とは、消費者が契約した後で、冷静に考え直す時間を与え、一定期間ならば無条件に契約を解除できる制度です。

クーリング・オフ(cooling-off)とは、「頭を冷やす」という意味です。

ただし、原則として自分から店に出向いたり、広告を見て自分から電話やインターネットで申し込む取引はクーリング・オフできないので注意が必要です。

保険業法により、生命保険・損害保険の契約では、クーリング・オフできるという説明の書かれた書面を受け取った日、申し込み日、どちらか遅い日を含む8日以内がクーリング・オフ期間です。

保険契約のクーリング・オフ適応除外の条件は、下記の通りとなります。

・ 営業や事業のための契約
・ 法人や社団等の契約
・ 保険期間1年以下の契約
・ 保険会社・生命保険募集人・代理店の営業所で申し込んだ契約
・ 申込者が、自分で指定した場所で申し込んだ場合
・ 保険会社が指定する医師による診査を受けた場合
・ 法令によって加入が義務付けられている契約(自賠責など)
・ 既契約の増額、減額の場合

最近は銀行の窓口でも保険の取り扱いをしています。
しかし、銀行で契約した保険はクーリング・オフが可能です。

また、店舗契約であっても、保険契約以外の目的で店舗を訪れて契約した場合、クーリング・オフは可能です。

損害保険である火災保険は、クーリング・オフできる契約である場合、クーリング・オフができるとの説明がある書面が必要となります。

そのため、契約する火災保険にクーリング・オフの説明があるかどうか、確かめてください。
クーリング・オフの説明書面がなければクーリング・オフの期間が開始されません。

その場合は、8日を過ぎてもクーリング・オフが可能です。
補償内容だけでなく、申し込みに関する説明などが明確にされているかどうかも比較の対象です。

比較は、商品内容だけでなく、保険の販売会社自体にも及ぶ時代となっていると言えます。

保険の契約にもクーリング・オフはあるの?関連ページ

共済って保険と違うものなの?
日々の暮らしを支える、お金にまつわる知識のまとめ。ローンやキャッシングなどの借金から、年金や保険、貯蓄や投資まで、役立つ事をまとめています。
全労災って保険なの?
日々の暮らしを支える、お金にまつわる知識のまとめ。ローンやキャッシングなどの借金から、年金や保険、貯蓄や投資まで、役立つ事をまとめています。