暮らしのマネー辞典

お金と暮らし

よほど特別な資産家でもない限り、生涯一度もお金を借りずに一生を終える人はいないはずです

 

お金を借りる方法は、キャッシング、ローン、融資などいろいろな言葉て表現されますが、 知らないと損することもたくさんあります。

 

できることならば、お金を借りずに過ごしたほうがいいわけですが、今の日本、いえ世界の 暮らしは、お金を借りることで成り立っているといえます。

 

借金することは悪いことのイメージがありますが、自動車を購入したり、家を購入したり 学校に行ったりなどで、ローンを組むことがありますし、事故、災害、事件などで突然の予想外の出費で キャッシングなどをする必要が生じることは誰にでもあり得ることです。

 

また自営業などで普段は厳禁商売で借り入れなどしていない方でも、突然資金ショートのピンチなんてこともありますよね。

 

そんな時、自分はお金を借りる必要など生じないからと思っていて、何の知識もなく そんなピンチに直面するとそれを回避する方法も分からず、大変な事になりえます。

 

また、老後のための資産運用や貯蓄にしても、お金や投資のこと良く理解していないと、 大きな損出を受けることもありえます。

 

そんなことにならなようにお金の知識を身に着けておきましょう。

 

とにかく早くお金を借りたい時?

お金をどうしても借りなければならなくなったときは、その目的や借りる期間 などで借りる金融機関を変えるべきです。

 

もちろん、自動車購入資金とか、教育資金とかだったら、その目的のためのローンを 利用するのが一番金利が安くて有利ですので、目的別のローンを使って借りるべきです。

 

ただ、生活上急に必要ななったお金、急に家族が病気や事故にあったとか、 冠婚葬祭が重なってその月の給与日迄現金が心もとなくなったとか場合は、 目的の定まったローンでお金を借りることはできませんよね。

 

そういう場合は、返済が直ぐできるとことが前提で、長くても借入期間は 3ヶ月前後の短期で、50万円未満の借入ならばキャッシング会社がいいと思います。

 

少しでも金利が安い方がいいのならば、銀行のカードローンを作って キャッシングでしょうし、よりスピードキャッシングを望むなら、プロミスやアコムといった 大手のキャッシング業者がいいでしょう。

 

クレジット会社のキャッシング機能付きクレジットカードでのキャッシングなら あたらに申込みしないで簡単です。ただ、プロミスなどのキャッシング専門会社では 初めて借りる場合30日間無利息期間があったりするので、金利は高くても短期なら 一番利息が少なくて済みます。

 

事業資金

同じ個人でも、自営業を行っている人もいるでしょう。

 

自営業の場合は、個人のお金も生活費も同じようなものになっています。

 

しかし、銀行で貸してくれるお金は個人事業主でもビジネスローンとしての商品しかその使途としては使えませんので注意してください。

 

もちろん銀行以外にも事業資金の融資をしてくれる商品は沢山ありますので、ビジネスローン 比較で確認するといいでしょう。